宅建の試験に独学で合格するためのヒント集

まずは参考書選びから

毎年多くの人が宅地建物取引士の資格試験を受けます。その中には専門スクールに通う人や通信講座を受講して対策する人も多くいますが、宅建の資格は独学でも十分取得可能です。宅建の資格を取ろうと思ったら、まず書店に行って資格関連書のコーナーを見てみましょう。各社の宅建対策本が置かれているはずです。重要事項がコンパクトにまとまったテキストと過去問集の2冊あれば試験に出ることはほぼ網羅されています。試験前には想定問題集も出るので、力試しをすることもできます。

新聞やチラシでも学べる

宅建の試験を受ける場合に意外と役立つのが新聞です。その年の地価などの数値情報から法改正、近年の住宅事情など試験に役立つ情報がよく掲載されています。試験合格ののち宅建業界に就職しようとする人にとっても参考になる情報が多く載っています。新聞に挟まれるチラシにも住宅の分譲についてのものが多くあります。一度細かい文字もじっくり読んでみましょう。用途地域や建築の条件など、宅建の試験に出る内容が実際の住宅販売にも使用されていることがわかるはずです。

住宅情報誌も読んでみよう

また、地元の住宅情報誌や各不動産業者が発行しているフリーペーパーなどにも意外と試験に役立つ情報が掲載されています。住宅情報誌は100円から買えて非常に経済的ですし、住み慣れた地域の情報なので、内容が頭に入ってきやすいです。用語解説を掲載している情報誌もあり、知識の確認に最適です。宅建の試験は様々なところに出題のヒントが存在します。独学で合格を目指す人は、あらゆるところにアンテナを張って情報収集してみてくださいね。

宅建の講座を受講する利点として、宅建業法や民放などの基礎的な知識をスムーズに身に着けられることがあります。