信用取引のメリットとは

資金以上の取引ができます

信用取引は、自分自身を信用してもらって、保有している資金より多く株式投資をすることです。手持ち資金や株式などを担保にし、証券会社より金銭を借り入れて投資することです。簡単に説明しますと、現物取引では100万円あったとしたら、100万円分までのみしか取引出来ないと言えますが、信用取引を活用することになれば、最大限3倍の300万円の取引ができることになります。効率的に取引が可能なら、収益は3倍となるのです。

株価が安くなっても利益が出ます

また、信用取引で株価の下落した時にも、実益を出すことができます。このことを空売りといいます。 一般的な株取引においては、株価が安ければ購入しておいて、以降に株価が上昇したところで売却します。こちらの差異が収益になりますから、安い価格で手に入れて高い価格で売ることが利益への効果的な方法です。 しかしながら、空売り、いわゆる信用売りについては、全く逆の発想になります。株価が下がると利益が出ることになります。

株主優待が安く手に入ります

そして、信用取引を利用することにより、株主優待をリーズナブルに手にすることができます。現物取引においての買い注文および信用取引での売り注文を結び合わせることで、株の売買での取り扱い手数料と金利のみで、有利に株主優待を手に入れることが出来ます。買い注文および売り注文がどちらも入っていますので、株価に対する変動は意味することろがなくなってしまいます。手数料が少なくて、それ以上の株主優待を入手できます。

信用取引とは、証券会社にあらかじめお金を借りてから行う株取引の方法の1つです。信用取引なら、手持ちの資金より大きな金額の取引も可能となります。