パタンナーを目指すならデザイン専門学校で学ぼう

パタンナーという仕事

ファッション業界には、さまざまな職種がありますが、その中でもパタンナーという仕事はご存知でしょうか。このパタンナーという仕事は、デザイナーが作成したデザイン画を元に、服の型紙を作ることが主な仕事内容の職種です。型紙として実現することが難しいデザインも存在するので、デザイナーと共同で作業を行うことも多いポジションです。パタンナーは、独立した一つの職種ではありますが、デザイナーのアシスタントの立場であるとの誤解が多い職業でもあります。

パタンナーを目指すには、何が必要?

パタンナーを目指すには、その技術を磨くことももちろんですが、さまざまなファッションに関する知識が必要になります。デザイナーの意思を汲み取り、実現させるために共同作業を行っていかなければいけないので、ファッションに関する知識やセンスは必須条件となります。また、型紙を作る上で、使用する素材は重要な事柄であるので、マテリアルに関する知識も必要になります。ファッション全般に関する幅広い知識と、高度な技術が要される専門職がパタンナーです。

パタンナーを目指すなら、デザイン専門学校で学ぼう!

将来パタンナーという職業を目指すなら、専門的な知識と技術を学ぶ必要があります。パターンナーになるには高度な専門技術の習得が必要になります。デザイン専門学校に進学をして、専門的な技術とファッションに関する知識を学べば、夢に近づくことができます。デザイン専門学校であれば、パターンに関することだけでなく、パターンナーという仕事に就く上で必要な全てのことを学ぶことができますし、その後の進路を定めることができます。

衣装デザイナーやプレスなどのファッション業界のスペシャリストを目指す人におすすめなのが服飾の専門学校です。