知らない方必見!相続税の支払い方法についても3つのポイント

相続税の納付について

相続税は、相続をした人全てが行わなければいけないといった事はありません。相続財産の評価額が基礎控除額以下の相続だと、相続税はかからないのですよ。実際に現在の日本では、100人に4人が相続税を支払っている状況です。相続税の納付は、10か月以内で現金が原則となっています。そのため期限を過ぎてしまうと、延滞税などが発生してしまう可能性もあるので注意が必要となるでしょう。事前に、自身が相続税を支払う対象になるのかどうかを確認しておく事はとても重要になります。

相続税の計算の仕方について

相続税は、遺産相続と法定相続人と法定相続分といった客観的な基準によって算出されるようになっています。実際の遺産分割には関係していないので、注意が必要となります。相続税の総額は実際の相続の割合の状況に応じながら、各相続人の相続税額が算出される仕組みとなっています。そして実際に納付する税額は、この算出された税額から各種の税額控除を引いた金額となるのですよ。例えば被相続人のAさんが残した全ての財産が2憶円だとすれば、課税価格から基礎控除を差し引くと課税遺産総額は1憶5200万円となります。そしてそれを法定相続分で分配する事になるのです。すると子供が2人いた場合、妻に7600万円、子に3800万円づつ分配される事になります。その際に発生した相続税は、妻が1580万円、子が560万円づつとなり、総額2700万円の相続税が発生する事になるのです。

相続税の申告書はどこに提出するの?

相続税申告書の提出は、法定相続人の住所地ではなく被相続人の住所地の税務署で行う必要があります。法定相続人全員で共同申告するのが原則となっていますが、別々に申告しても可能となります。相続の申告は、被相続人が死亡した日の翌日から10か月以内に行わなければいけません。納付の期限も申告の期限と同じです。また原則として金銭で金額納付しなければいけないのですが、延納や物納でも可能な場合があります。しかしそのような場合には、申告する際に手続きが必要となりますので注意しておきましょう。

相続税相談を検討する人の中には、どこですればいいのか迷う人もいるかもしれません。そんなときは、自治体窓口で相談する方法があります。